精密部品製造のプロ集団新亜光学工業株式会社が求める人材

新亜光学工業が求める人材

精密機械の製造に必要なこと

研究開発に積極的な会社

研究開発を長年行ってきた新亜光学工業株式会社は、製造している光学製品に、国内外から評価が高いと評判の会社です。
総合して20年ほどの企業でありながら、生み出す製品のクオリティの高さで、専門家の間では知らない人が少ない専門的な製造業者でもあります。
特許を取得するほど、研究や開発に重きを置いていることもその要因の一つでしょう。
特許を取得するためには出願から受理まで時間がかかり、かつ、道のりも困難です。
また費用もかかることですが、それでも特許にこだわるのは時間と情熱をかけ開発した技術を違法コピーから守るためです。
特許を取得できれば競合他社をけん制することができ、大きな利益を生むことも可能です。
こうして得た利益を、再び新しい技術の特許取得へ利用しているわけです。
このような技術開発を続ける土壌が、新亜光学工業株式会社には備わっているのです。

情報のアンテナを常にキープ

情報のアンテナを広げつつ新亜光学工業では、顧客ファーストの意識を持ちながら製品製造を行っています。
その表れが、開発から輸送まで、一貫して自社で行う姿勢に現れているといえるでしょう。
そのような姿勢の会社で仕事をしていくにあたっては、スタッフ一人ひとりが細部にまで気を配ることを忘れてはいけません。
自らが持つ知識や技術を最大限に生かすことはもちろん、顧客の求めていることを敏感に察知し、これまで持っていなかった知識や情報についても、常にアンテナをめぐらし収集を心がけるような、旺盛な探求心や向上心を持ち続けるスタッフが必要とされるでしょう。
会社自体が社員教育にも積極的で、部署の制限もなく受けられる研修会や勉強会も行われているので、積極的に受けてみるのもスキルアップに役立つでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る